本ページにはプロモーションが含まれています

飛行機で乾電池を持ち込む際のルールを電池の種類ごとに解説

飛行機への乾電池の持ち込みについては、多くの人が疑問を抱えています。

特にリチウム電池やアルカリ乾電池など、様々な種類の電池があり、それぞれに適用される規制が異なるためです。

本記事では、乾電池を飛行機に持ち込む際の基本的なルールと、種類ごとの規制内容について詳しく解説します。

これを読めば、旅行の準備がよりスムーズになるでしょう。

また、危険物とみなされるアイテムの例も挙げながら、安全に旅行するためのポイントをご紹介します。

この記事を読むとわかること

  • 飛行機での乾電池持ち込み基本ルール
  • リチウム電池の持ち込み条件
  • 安全な旅行のための事前準備
スポンサーリンク

乾電池の種類と基本的な持ち込みルール

飛行機に乾電池を持ち込む際、最も基本的な点は電池の種類によって持ち込みの可否が異なるということです。

まず、リチウム電池は、航空会社や国際線、国内線によって異なる規制がありますが、一般的には容量に応じて機内持込みが可能な場合が多いです。

しかし、特定の条件を満たす必要があります。

一方、アルカリ乾電池やボタン電池は、通常の使用量であれば持ち込みに問題はないとされています。

しかし、大量に持ち込む場合は事前に航空会社に確認することが重要です。

リチウム電池の持ち込み条件

リチウム電池の持ち込みには、ワット時定格量が重要な基準となります。

ワット時定格量が100Wh以下のリチウム電池は、通常、機内持ち込みが可能です。

ただし、100Whを超え160Wh以下の場合、航空会社の許可が必要になることがあります。

また、リチウム金属電池の場合、リチウムの含有量による規制があり、一般には2g以下のものであれば機内持ち込みが許可されています。

アルカリ乾電池とボタン電池の取り扱い

アルカリ乾電池やボタン電池は、日常的に使用される範囲内であれば、機内に持ち込むことに特別な制限はありません。

しかし、大量に携帯する場合、または商業目的で運搬する場合には、航空会社や空港のセキュリティ要件に従う必要があります。

特に、アルカリ乾電池を含む乾電池は、空港の保安検査でのX線検査を通過する必要があるため、明らかにしておくことが推奨されます。

次に、特別な注意が必要な電池とその対策について見ていきましょう。

特別な注意が必要な電池

一部の電池は、その特性上、飛行機内で特別な注意を要するものがあります。

特にリチウムイオン電池は、過熱や短絡による危険性があるため、運搬にあたっては厳格なルールが設けられています。

このような電池を携帯する場合、事前に航空会社の規制を確認し、適切な対策を講じることが非常に重要です。

また、予備の電池を携帯する際にも、その取り扱いには注意が必要となります。

リチウムイオン電池の制限

リチウムイオン電池は、特にワット時定格量に応じた制限があります。

100Wh以下のリチウムイオン電池は制限なしに機内持ち込み可能ですが、100Whを超え160Wh以下の電池は機内に2個まで持ち込むことが許されています。

また、これらの電池を預け荷物に入れる場合は、電源をオフにし、短絡を防ぐために端子をテープで覆うなどの対策が求められます。

飛行機での事故防止対策

電池による飛行機内での事故を防ぐため、いくつかの対策が推奨されます。

まず、電池の端子が他の金属と接触しないように、それらを個別にプラスチックバッグに入れるか、テープで覆うことが有効です。

さらに、電池を機内持ち込み手荷物として携帯する場合は、電源をオフにしておくことが必須です。

この対策により、偶発的な起動や短絡を防ぎ、安全に寄与します。

リチウムイオン電池を含む携帯電話やノートパソコンなどの電子機器も、同様に慎重な取り扱いが求められます。

次に、具体的にどのような電池が機内持ち込み可能で、どのような事前準備が必要かについて詳しく見ていきましょう。

持ち込み可能な電池と事前準備

飛行機での旅行を安全かつスムーズに行うためには、持ち込み可能な電池の種類とそれに伴う事前準備を正しく理解しておくことが重要です。

ここでは、特に注意が必要なリチウム電池を中心に、持ち込みのルールと事前準備について説明します。

機内に持ち込むことが許可されている電池の条件と、預け荷物に入れることができる電池の基準を明確にすることで、トラブルを避けることができます。

機内に持ち込める電池の条件

機内に持ち込むことが可能な電池は、主にリチウムイオン電池やアルカリ乾電池、ボタン電池など、日常的に使用される範囲のものが対象です。

リチウムイオン電池の場合、ワット時定格量が100Wh以下のものは特に制限なしに携帯でき、100Whを超え160Wh以下のものは条件付きで持ち込みが可能です。

これらの電池を機内に持ち込む際は、電源をオフにし、短絡防止のため端子を保護する措置を取ることが推奨されます。

預け荷物に入れられる電池

預け荷物に入れることができる電池は、基本的に機内持ち込みが可能な電池と同様ですが、リチウムイオン電池の場合、機器に内蔵されているものに限ります。

予備のリチウムイオン電池は、機内持ち込み手荷物として携帯する必要があります。

また、預け荷物に入れる電子機器は、電源を完全にオフにし、偶発的な起動や損傷を防ぐために適切に梱包することが求められます。

まとめ:飛行機で乾電池を持ち込む際の注意点

飛行機で乾電池を持ち込む際には、電池の種類に応じたルールを遵守することが重要です。

特にリチウムイオン電池には厳しい制限があり、事前に航空会社の規制を確認し、適切な準備を行う必要があります。

事前準備には、電源のオフ、端子の保護、適切な梱包が含まれ、これにより飛行中の安全が保障されます。

旅行の計画を立てる際は、これらのポイントを押さえ、安心して飛行機に乗るための準備をしましょう。

この記事が、飛行機での乾電池の持ち込みに関する疑問を解消するのに役立てば幸いです。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます、ほかの記事も読んで下さいね^^

この記事のまとめ

◆内容◆

  • 飛行機で乾電池を持ち込む基本ルール
  • リチウム電池の持ち込み条件と制限
  • 飛行機での乾電池事故防止のための事前準備
  • 機内持込み可能な電池と預け荷物に入れられる電池の基準
  • 旅行計画時の電池持ち込みに関する注意点
スポンサーリンク
お役立ち
スポンサーリンク
シェアする