本ページにはプロモーションが含まれています

飛行機に熱で乗れない?発熱時の搭乗ルールとキャンセルポリシー

飛行機に熱で乗れない?発熱時の搭乗ルールやキャンセルに関する情報をあなたは把握していますか?

ここでは、突然の発熱に悩まされてその疑問や不安を解消する情報を紹介します。

これを読むことで、発熱時の飛行機搭乗に関する疑問に答えを見つけ、安心できるはずです。

この記事を読むとわかること

  • 発熱時の飛行機搭乗ルールと空港での熱検査プロセス!
  • 国内外航空会社のキャンセルポリシーと払い戻し条件!
  • 発熱でキャンセル時の注意点と対応アドバイス!

 

スポンサーリンク

飛行機に乗る前の熱検査:いつ、どのように行われる?

飛行機に乗る前の熱検査、皆さんはどのように行われるかご存知ですか?

熱があると不安になりますよね。

ここでは、熱検査のプロセスと基準について、わかりやすくご説明します。

 

検査のプロセス

まず、空港に到着したら、ほとんどの場合、入口やチェックインカウンターで体温チェックが行われます。

この検査はとても迅速で、非接触型の体温計を使用して行われることが多いんです。

体温チェックが終わると、通常は搭乗手続きに進むことができますが、熱が高い場合は別の対応が必要になります。

検査の方法は航空会社や空港によって異なることもあるので、事前に確認しておくと安心です。

 

熱検査の基準

では、どの程度の熱があると搭乗できないのでしょうか。

一般的には、体温が37.5度以上の場合、搭乗が拒否されることが多いです。

ただし、この基準は航空会社や国によって異なる場合があります。

熱がある場合は、搭乗する航空会社のポリシーを確認し、必要に応じて医師の診断書を準備することが大切です。

このように、飛行機に乗る前の熱検査は、私たちの安全と健康を守るために非常に重要なプロセスです。

熱がある時には、無理をせず、健康と安全を最優先に考えましょう。

また、搭乗前には航空会社のガイドラインを確認し、準備を整えることが大切です。

安心して旅行を楽しみたいですね。

【関連記事】
▶ 飛行機でANAのキャンセル料がゼロ?回避する方法を完全網羅

発熱がバレる?飛行機搭乗前のチェックと対策

飛行機に乗る前、空港での健康チェックはどのように行われるのでしょうか。

また、熱がある時にどんな対策が必要なのか、一緒に考えてみましょう。

発熱があると、旅行の計画に影響が出ることもありますからね。

 

空港でのチェック方法

空港での健康チェックでは、まず体温測定が行われます。

これは、入口やセキュリティチェックポイントで実施されることが多いです。

もし体温が高いと判定されると、さらに詳細な健康状態の確認が行われることもあります。

状況によっては、搭乗を拒否されることもあるので、事前に体調を整えておくことが大切です。

 

発熱時の対策

発熱がある場合、まずは医師に相談し、必要な診断を受けることが重要です。

また、旅行の延期やキャンセルを検討するのも一つの選択肢です。

体調が悪い時は無理をせず、休息をとることが最優先です。

旅行保険に加入している場合は、キャンセル時の補償内容を確認しましょう。

旅行は楽しみなものですが、自分自身の健康と安全、そして他の乗客や乗務員の安全を考えることが何よりも大切です。

万が一、発熱がある場合は、適切な対応をとることが求められます。

無理をせず、安心して旅行ができる日を待ちましょう。

 

飛行機の国内線と国際線:発熱時の乗れない理由

発熱がある時、国内線と国際線では搭乗拒否の基準が異なることがあります。

それぞれの航空会社によって対応が異なるため、注意が必要です。

ここでは、国内線と国際線での具体的な対応を見ていきましょう。

 

国内線の対応

まず、国内線の主要な航空会社であるANA、JAL、ピーチ航空の対応を見てみましょう。

これらの航空会社では、発熱がある場合の対応に細かな基準が設けられています。

搭乗可否の判断は、体温測定の結果に加え、健康状態の全体的な評価に基づいて行われます。

特に感染症が流行している時期には、これらの基準がより厳格に適用されることがあります。

ANAの場合

ANAでは、発熱が確認された場合、搭乗拒否される可能性があります。

体温が37.5度以上の場合、特に注意が必要です。

搭乗拒否された場合の払い戻しや予約変更  のポリシーも確認しましょう。

事前に航空会社のウェブサイトで最新情報を確認することが大切です。

JALの場合

JALも、発熱がある場合は搭乗拒否の対象となることがあります。

体温が37.5度以上であれば、特に注意が必要です。

また、キャンセルや変更の際の手数料免除 に関するポリシーもチェックしておくと良いでしょう。

JALの場合も、事前にウェブサイトで最新情報をチェックすることをお勧めします。

ピーチ航空の場合

ピーチ航空では、発熱がある場合の搭乗ポリシーが設けられています。

37.5度以上の発熱がある場合は、搭乗が困難になる可能性があります。

ピーチ航空では、搭乗拒否された場合の払い戻しや予約変更 についてのガイドラインもあります。

旅行前には、必ずピーチ航空のウェブサイトで最新情報を確認しましょう。

 

国際線の対応

次に、国際線での発熱時の対応について見ていきます。

国際線の場合、目的地国の入国規制や健康基準が影響します。

特に現在、多くの国で新型コロナウイルスに関する厳しい基準が設けられています。

国際線の搭乗にあたっては、事前に目的地国の規制や航空会社のポリシーを確認することが重要です。

発熱がある場合、国際線の搭乗拒否は非常に厳しい基準で行われることが多いです。

また、搭乗前の健康証明書の提出が求められることもあります。

症状がある場合は、搭乗前に医師の診断を受けることも検討しましょう。

最終的には、安全と公衆衛生を最優先に考えた上での判断が必要です。

【関連記事】
▶ 飛行機でANAのキャンセル料がゼロ?回避する方法を完全網羅
 

発熱でキャンセルする場合の注意点

発熱が原因で飛行機をキャンセルする必要がある時、どのような手続きが必要でしょうか。

また、キャンセルする際に気をつけるべき点は何でしょう。

ここでは、そんな疑問にお答えします。

 

キャンセルの手続き

まず、航空券のキャンセルは、航空会社のウェブサイト、電話、または旅行代理店を通じて行います。

キャンセルの際は、予約番号や個人情報が必要になるので、手元に準備しておきましょう。

キャンセル料が発生するかどうかは、購入した航空券の種類や航空会社のポリシーによります。

事前にキャンセルポリシーを確認しておくことが重要です。

 

注意点とアドバイス

キャンセルする際、特に注意すべき点はキャンセル料です。

発熱が理由の場合でも、キャンセル料が免除されないことがあります。

しかし、一部の航空会社では、医師の診断書があればキャンセル料を免除してくれることも。

また、旅行保険に加入している場合は、その補償内容を確認することも大切です。

発熱で飛行機をキャンセルする場合、適切な手続きを行い、必要な情報を確認することが大切です。

キャンセル料や保険の補償内容を事前にチェックし、余計な心配を減らしましょう。

安心して次の旅行を計画できるように、しっかり準備しましょう。

【関連記事】
▶ 飛行機キャンセルの締切は?最適なタイミングと手数料回避のコツ
 

発熱時の払い戻しポリシー

発熱が原因で飛行機に乗れなくなった時、チケットの払い戻しはどうなるのでしょうか。

ここでは、国内線の主要な航空会社の払い戻しポリシーを見ていきましょう。

各航空会社には独自のポリシーがありますので、詳しく解説します。

 

国内線の発熱時の払い戻しポリシー

国内線の航空会社では、発熱による払い戻しに関して、それぞれ異なるポリシーを設けています。

発熱が原因で飛行機に乗れなくなった場合、払い戻しや予約変更の条件は航空会社によって大きく異なります。

ここでは、ANA、JAL、ピーチ航空の払い戻しポリシーについて詳しく見ていきます。

発熱による払い戻しを検討している方は、以下の情報を参考にしてください。

ANAの場合

ANAでは、発熱が原因で飛行機に乗れない場合、柔軟な払い戻しポリシーがあります。

事前に連絡をすることで、払い戻しや予約変更が可能です。

ただし、具体的な条件は時期や状況によって変わることがあるので、ANAのウェブサイトで最新の情報を確認することが大切です。

また、医師の診断書がある場合、よりスムーズに手続きが行えることもあります。

ANA変更/解約・払い戻し(国内線)キャンセルポリシー

JALの場合

JALでも、発熱が原因でのキャンセルに対応しています。

払い戻しや予約変更の手続きは、JALのウェブサイトまたはカスタマーセンターを通じて行えます。

キャンセル料の有無については、購入した航空券の種類や予約時の条件によります。

JALのウェブサイトで詳細なガイドラインを確認しましょう。

JAL変更/解約・払い戻し(国内線)キャンセルポリシー

ピーチ航空の場合

ピーチ航空では、発熱が原因で乗れなくなった場合の払い戻しポリシーが設けられています。

払い戻しの条件や手続きについては、ピーチ航空のウェブサイトで確認できます。

キャンセル料が発生するかどうかは、購入した航空券の種類によって異なります。

また、状況に応じて柔軟な対応を行っていることもありますので、具体的な情報はピーチ航空のカスタマーセンターに問い合わせることをお勧めします。

発熱が原因で飛行機に乗れない場合の払い戻しポリシーは、上記のように航空会社によって異なります。

事前に各航空会社のポリシーを確認し、必要な手続きを行うことが重要です。

また、最新の情報は各航空会社のウェブサイトで確認することができます。

Peach変更/解約・払い戻し(国内線)キャンセルポリシー

 

飛行機 熱 乗れない?発熱時の搭乗ルールとキャンセルポリシーまとめ

飛行機での旅行はワクワクするものですが、体調不良、特に発熱があるときは慎重になる必要がありますね。

空港での熱検査のプロセスや基準、発熱時の対策について、そして国内線と国際線での違いを理解することは大切です。

また、万が一のキャンセル時の手続きや注意点、払い戻しポリシーを知っておくことは、安心して旅行を計画する上で非常に役立ちます。

各航空会社によって対応が異なるため、事前にしっかりと情報をチェックしましょう。

何よりも、自分自身と他の人々の安全を第一に考えることが、快適な空の旅には欠かせません。

発熱がある場合には無理をせず、健康を優先しましょう。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます、ほかの記事も読んで下さいね^^

この記事を読むとわかること

  • 発熱時の飛行機搭乗ルールと空港での熱検査プロセス!
  • 国内外航空会社のキャンセルポリシーと払い戻し条件!
  • 発熱でキャンセル時の注意点と対応アドバイス!
スポンサーリンク
お役立ち
スポンサーリンク
シェアする