本ページにはプロモーションが含まれています

東横イン 羽田空港1と2の違い あなたの旅をさりげなくサポート

今回は「東横インホテルの羽田空港1と2の違い」について、私の視点から詳しくお伝えします。

この記事を読むことで、あなたも東横イン羽田空港の選び方のヒントを得ることができますよ^^

 

スポンサーリンク

東横イン 羽田空港1と2の違いは食事について

東横イン1と2、最も大きな違いは何でしょうか?

それは、朝食の内容です。

東横イン1では和食、東横イン2では洋食がメインとなっています。

この違いを知って、あなたの好みに合わせて選ぶことができますね。

それでは、それぞれのホテルで提供される朝食の詳細について見ていきましょう。

 

東横イン羽田空港1の和食メニュー

白米、炊込みご飯、粥など、日本の伝統的な朝食を楽しむことができます。

和食は、日本の文化や歴史を感じることができる食事です。

特に、炊きたての白米や季節の炊込みご飯は、その日の気分や体調に合わせて選ぶことができます。

また、粥は消化が良く、体を温める効果もあるため、冷え性の方や体調がすぐれない時におすすめです。

 

東横イン羽田空港2の洋食メニュー

パンやサラダ、ヨーグルトなど、西洋風のメニューが中心となっています。

洋食は、多彩な種類や味わいが楽しめるのが特徴です。

特に、焼きたてのパンは、その香ばしさやふんわりとした食感が魅力的です。

サラダやヨーグルトは、ビタミンやミネラルを補給することができ、健康的な朝食としておすすめです。

 

東横イン 羽田空港2のリニューアルについて

東横イン羽田空港2は、2023年にリニューアルオープンしました。

新しいブランドコンセプト「全国ネットワークの基地ホテル」のデザインが導入され、1棟全面にリニューアルが施されました。

これにより、より快適な宿泊環境が提供されています。

一方、東横イン羽田空港1は、従来のデザインを維持しており、和風の雰囲気を楽しむことができます。

 

東横イン 羽田空港2 施設のリニューアル情報

東横イン羽田空港2は、2023年にリニューアルオープンしました。

新しいデザインや設備を楽しむことができます。

このリニューアルにより、宿泊客はより快適な滞在を期待できるようになりました。

それでは、具体的なリニューアルの内容について詳しく見ていきましょう。

新しいデザインや最新の設備、どちらも旅行者の満足度を高めるためのものです。

これにより、東横イン羽田空港2は、羽田空港周辺での宿泊先としての魅力を一層高めています。

 

東横イン羽田空港2の新しいデザイン

「全国ネットワークの基地ホテル」という新しいコンセプトが導入されました。

このコンセプトは、全国各地の東横インが一つの大きなネットワークとして結ばれていることを意味しています。

宿泊客は、どの東横インに宿泊しても、一貫したサービスや品質を期待できるというメッセージです。

また、デザイン自体もモダンで洗練されており、宿泊客を心地よく迎え入れます。

 

東横イン羽田空港2の最新の設備

快適な宿泊をサポートするための最新の設備が整っています。

客室内の設備は、最新のテクノロジーを取り入れたものが多く、快適な滞在をサポートします。

例えば、高速Wi-Fiや最新型のテレビ、エアコンなど、宿泊客のニーズに応える設備が整っています。

また、セキュリティ面でもアップグレードが図られ、女性一人旅の方でも安心して宿泊できるようになっています。

 

東横インまでのアクセスについて

両ホテルは京浜急行の大鳥居駅から徒歩1分の距離にあり、都心へのアクセスも良好です。

駅前という立地もあり、周辺にはコンビニや飲食店街にも近く非常に便利です。

また、ホテルへの道は夜でも街灯などで非常に明るく安全に移動も可能です。

これは女性にはとっても嬉しいポイントですね^^

このように、旅行やビジネスでの利用にも、非常に便利な立地となっています。

 

東横イン羽田空港1のアクセス

京浜急行空港線大鳥居駅から徒歩1分と、非常に近いです。

この駅からのアクセスの良さは、特に重い荷物を持っている際や、疲れている時には大変便利です。

また、駅周辺には飲食店やコンビニも多く、宿泊前後の買い物や食事にも困りません。

駅からホテルまでの道のりも平坦で、夜間も明るく安全です。

両ホテルは空港からシャトルバスが運行されており、アクセスが非常に便利です。

特に、早朝や深夜のフライトを利用する際には、このシャトルバスが大変便利です。

 

東横イン羽田空港2のアクセス

こちらも京浜急行大鳥居駅から徒歩1分と、アクセス抜群です。

2号館も1号館と同じく、駅からの距離が非常に近いため、移動が楽です。

駅を出てすぐの場所にホテルがあるため、迷うことなく到着することができます。

また、2号館も周辺には多くの便利な施設があり、宿泊客のニーズに応えることができます。

 

東横イン 羽田空港1と2の違い まとめ

東横イン羽田空港1と2は、羽田空港からのアクセスが非常に便利で、シャトルバスの運行もあります。

移動の手間を感じさせない立地は、旅行者やビジネスマンにとって大きな魅力となっています。

1号館は和食中心の朝食を提供し、日本の伝統的な味を楽しむことができます。

一方、2号館は洋食中心のメニューで、多彩な種類や味わいが楽しめるのが特徴です。

特筆すべきは、2号館が2023年にリニューアルオープンしたこと。

新しいデザインや最新の設備が導入され、宿泊客の満足度を一層高めています。

両ホテルとも、京浜急行大鳥居駅から徒歩1分という近さも魅力。

この情報を知って、次回の羽田空港利用時には、より快適な宿泊を選ぶ手助けとなれば幸いです。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます、ほかの記事も読んで下さいね^^

スポンサーリンク
空港
スポンサーリンク
シェアする