本ページにはプロモーションが含まれています

航空券の障害者割引はどのくらい?航空券の割引額と適用条件

 航空券の障害者割引について、特別な支援となる「航空券の障害者割引」。

ANA・JAL・LCC各社の割引条件や割引率についてご紹介します。

該当する場合は、是非参考にして下さいね。

この記事を読むとわかること

  • 航空券の障害者割引の適用条件と割引率について
  • ANAとJALの具体的な割引内容と手続き方法
  • LCCの取り組みと予約時の注意点
スポンサーリンク

航空券の障害者割引とは?

「障害者割引って聞いたことあるけど、具体的に何?」と思っている方も多いでしょう。

この割引は、障害を持つ方々がもっと気軽に旅行できるようにと作られた特別な制度なんです。

今から、その魅力と詳細をわかりやすくお話ししますね。

割引の基本

障害者割引、これは航空会社が提供する特別な割引制度です。

目的は、障害を持つ方々にも空の旅を楽しんでもらうこと。

この割引を利用すると、通常の運賃よりもお得に航空券を購入できるんですよ。

旅行がもっと手軽に、もっと楽しくなるんですね!

 

適用条件

「どんな障害があれば割引が適用されるの?」と疑問に思いますよね。

大体の航空会社では、身体障害者手帳や療育手帳など、公的な障害者手帳を持っている方が対象です。

介護が必要な方の場合、同伴する介護者にも割引が適用されることが多いんです。

ただし、適用条件は航空会社によって異なるので、事前に確認が必要ですよ。

 

航空会社別の割引ポリシー

さて、航空会社によって障害者割引の内容って違うんですよ。

大手のANAやJALから、お財布に優しいLCCまで、それぞれの割引ポリシーを見てみましょう。

「どの航空会社を選べばいいの?」という疑問にお答えします。

 

ANAとJAL

まずは、日本を代表するANAとJALから。

これらの航空会社では、障害者手帳を持つ方やその介護者に割引を提供しています。

割引率は航空会社によって異なりますが、通常運賃からかなりお得になるんです。

予約方法や必要書類については、各社のウェブサイトで確認してくださいね。

▶ ANAのウェブサイト

▶ JAL公式ウェブサイト

 

ANAの障害者割引

▶ ANAの障害者割引運賃PDF

ANAでは、障害を持つ方々とその介護者に対して、特別な割引運賃を提供しています。

例えば、東京ー福岡間の運賃は以下のようになっています。

通常運賃:43,100円 ➡ 障害割引:21,600円 ※(2023年3月26日~2023年10月28日搭乗分)

つまり50%程度の割引になるということですね。

この割引は、身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持つ方々、および同一便に搭乗する満12歳以上の介護者(1名まで)が利用可能です。

割引適用には、手帳の提示が必要です。

また、ANAマイレージクラブカードに障害者手帳情報を登録している場合、オンラインチェックインが利用可能です。

ただし、手帳の提示が求められる場合もあるため、常に携帯することが推奨されます。

予約・販売期間は、搭乗日の355日前から搭乗当日までとなっており、お支払い期限は予約日によって異なります。

航空券の有効期間は発行日から1年間です。

ANAの障害者割引の詳細については、直接 ANAのウェブサイト を確認するか、カスタマーサービスに問い合わせることをお勧めします。

また、割引金額は流動的です、予約前に必ず公式サイトで確認をしてください。

 

JALの障害者割引

JAL(日本航空)では、障害を持つ方々とその介護者に対して、特別な割引運賃を提供しています。

この割引は、身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持つ方々、および同一便に搭乗する介護者(1名まで)が利用可能です。

割引適用には、手帳の提示が必要です。

また、JALカードまたはJALマイレージバンク(JMB)カードに障害者情報が登録されている場合、そのカードの提示で割引が適用されます。

ご提示いただけない場合、割引は適用されません。

適用される運賃は、フレックス、セイバー、スペシャルセイバー、往復セイバー、プロモーションなどがあり、各種運賃から20%の割引が提供されます。

JALの障害者割引運賃は、障害を持つ方々やその介護者が、より手頃な価格で旅行を楽しむための大きな支援となるでしょう。

詳細な運賃表や予約方法については、JAL公式ウェブサイト で確認することができます。

 

LCCの取り組み

次に、LCC(格安航空会社)の障害者割引について見てみましょう。

ピーチ航空、スカイマーク、スターフライヤーなどのLCCでは、障害者割引の提供についてはウェブサイト上で明確な情報が見つかりませんでした。

これらの航空会社で障害者割引を利用したい場合は、直接各社のウェブサイトを確認するか、カスタマーサービスに問い合わせることをお勧めします。

各社の最新の割引情報や条件を確認し、お得に旅行を楽しむための準備をしましょう。

 

障碍者割引航空券の予約方法と注意点

障害者割引を利用するための予約、ちょっと複雑に感じるかもしれませんね。

でも大丈夫、ここではそのステップを簡単に説明します。

予約の際の注意点も一緒にチェックして、スムーズな旅の準備をしましょう。

 

予約のステップ

まずは、航空会社のウェブサイトか電話で予約をします。

オンライン予約の場合は、障害者割引の選択肢を探してください。

電話予約の場合は、オペレーターに障害者割引を利用したいことを伝えます。

予約時には、飛行日、時間、希望の座席などの詳細を決めましょう。

▶ ANAのウェブサイト

▶ JAL公式ウェブサイト

 

必要な書類と手続き

予約時には、障害者手帳の提示が必要になることが多いです。

手帳の種類によって割引率が異なる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

また、同伴者がいる場合は、その人数や関係性も伝える必要があります。

予約後は、確認メールや書類を大切に保管しておきましょう。

 

障害者の付き添い者の割引について

障害者割引は、付き添い者にも適用されることがあります。

この部分は特に注意が必要ですが、安心してください、ここでしっかり解説します。

付き添い者の割引条件と利用方法をチェックして、お得に旅行を楽しみましょう。

 

付き添い者の条件

付き添い者割引の条件は、航空会社によって異なります。

一般的には、障害者手帳を持つ方と同行する場合に適用されます。

割引が適用されるのは、通常1人の付き添い者までです。

付き添い者も事前に予約が必要なので、忘れずに手続きをしましょう。

 

付き添い者割引の利用方法

付き添い者割引を利用する際は、予約時にその旨を伝える必要があります。

オンライン予約の場合は、適切なオプションを選択してください。

電話予約の場合は、オペレーターに明確に伝えることが大切です。

割引の詳細や条件は、事前にウェブサイトで確認しておくと安心です。

 

障害者割引の具体的な金額

「障害者割引ってどれくらいお得なの?」と気になりますよね。

ここでは、割引率や割引後の金額について具体的に見ていきましょう。

割引の計算方法も一緒にチェックして、どれだけ節約できるか把握しましょう。

 

割引率と金額

割引率は航空会社によって異なりますが、一般的には20%から50%の範囲です。

例えば、通常10,000円の航空券が、割引で4,800円になることもあります。

この割引は、旅行のコストを大きく下げることができるんです。

特に長距離の旅行では、割引の恩恵を大きく感じることができますよ。

 

割引の計算方法

割引の計算は、基本的には通常運賃から割引率を適用します。

例えば、運賃が10,000円で割引率が30%なら、割引後の運賃は7,000円になります。

ただし、空港使用料や保安料は割引の対象外のことが多いので注意が必要です。

割引の詳細は、予約時に航空会社に確認するのが一番確実です。

▶ ANAのウェブサイト

▶ JAL公式ウェブサイト

 

まとめ

航空券の障害者割引、これは旅をもっと身近にする素敵な制度です。

ANAやJALなどの大手航空会社は、障害者手帳を持つ方々やその介護者に割引を提供しています。

JALでは20%の割引がありますが、ANAの具体的な割引率はウェブサイトで確認する必要がありますね。

LCCのピーチ航空、スカイマーク、スターフライヤーについては、障害者割引の情報が不明確なので、直接問い合わせが必要です。

予約方法や必要な書類、割引の計算方法などもしっかりチェックして、お得に空の旅を楽しみましょう。

この記事が、障害を持つ方々やその家族が、もっと気軽に旅行を楽しむ一助となれば嬉しいです。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます、ほかの記事も読んで下さいね^^

スポンサーリンク
航空
スポンサーリンク
シェアする