本ページにはプロモーションが含まれています

飛行機でスタバの飲み物を持ち込む方法と注意点!国内外のルール解説

飛行機にスタバの飲み物を持ち込む際のルールを国内線と国際線で徹底解説。

安心してお気に入りの飲み物を楽しむためのポイントと注意点を紹介します。

 

スポンサーリンク

スタバのドリンクは持ち込める?

空港のスタバでお気に入りのドリンクをゲットしたら、それを飛行機に持ち込みたいですよね。

でも、ルールを知っていますか?

 

国内線でのスタバタイム

国内線では、スタバのドリンクを持ち込むことができます。

ただし、開封してしまうと中身の確認が必要になる場合があるので、注意が必要です。

スタバのドリンクは、その味わい深いコーヒーや、季節限定のフレーバーが人気です。

でも、飛行機に持ち込む際は、容器の開封を避け、密封されたままで持ち込むとスムーズです。

これにより、セキュリティチェックもスピーディに通過できます。

また、スタバのドリンクは、持ち運びに便利なカップやストローが提供されています。

しかし、飛行中にこぼれるリスクを考慮し、飲み物の蓋をしっかりと閉じ、安全に持ち運ぶことが大切です。

飛行機の中は揺れることもあるので、その点も注意しましょう。

さらに、スタバのドリンクを楽しむ際は、他の乗客への配慮も忘れずに。

香りが強いドリンクは、周囲の乗客に気を使わせてしまう可能性もあるため、控えめに楽しむのがマナーです。

お互いに気配りの心を持ち、快適な空の旅を楽しみましょう。

 

国際線ではちょっと待って

国際線でのスタバのドリンク持ち込みは、液体の制限に引っかかる可能性が高いです。

でも、機内でのサービスを利用すれば、美味しいドリンクを楽しむことができますよ。

国際線では、セキュリティチェックが厳しく、100ml以上の液体の持ち込みは基本的に許可されていません。

これは、安全対策として国際的に定められているルールです。

そのため、スタバのドリンクもこのルールの対象となります。

しかし、機内で提供されるドリンクサービスを利用することで、フライト中も美味しいドリンクを楽しむことができます。

ワインやジュース、ソフトドリンクなど、豊富な種類が提供されています。

長時間のフライトも、これで楽しく過ごせますね。

また、トランジット時に空港の免税店でドリンクを購入するのもおすすめです。

免税店で購入した商品は、特例として機内に持ち込むことができます。

お気に入りのドリンクを購入して、快適なフライトを楽しんでください。

 

ANAでの飲み物持ち込みルール

ANAのフライトでは、国内線と国際線で異なるルールがあります。

国内線では比較的自由に、でも国際線ではちょっとした制限が…。

 

国内線はリラックスムード

国内線では、お水やお茶、ジュースなど、お好きな飲み物を自由に持ち込むことができます。

ただし、アルコールには注意が必要です。

度数や量に制限があるので、事前にチェックしておきましょう。

ANAの国内線では、アルコール度数が一定以下であれば、気軽に持ち込むことができます。

これは、リラックスした空の旅を楽しむための特権とも言えるでしょう。

ただ、飲み過ぎには注意が必要ですね。

機内でのマナーを守って、快適な旅を楽しみましょう。

また、飲み物の容器にも注意が必要です。

ガラスの容器は破損のリスクがあるため、プラスチックのペットボトルがおすすめです。

また、持ち込む飲み物の量にも気をつけ、他の乗客に迷惑をかけないよう心掛けましょう。

さらに、機内での飲食は、周囲の乗客との距離を考慮して行うことが大切です。

香りが強い飲み物や食べ物は控えめに、というのが無難です。

お互いに気配りの心を持ち、快適な空の旅を楽しみましょう。

 

国際線の厳しいルール

国際線では、100ml以上の液体の持ち込みが基本的に禁止されています。

でも、安心してください。

機内での飲み物のサービスがあるので、乾かない旅が楽しめますよ。

国際線のセキュリティチェックでは、液体の持ち込みが厳しくチェックされます。

これは、過去のテロ事件を受けての安全対策です。

ですので、100ml以上の液体は、チェックポイントで預ける必要があります。

しかし、これを逆手にとって、空港の免税店でお気に入りの飲み物を購入するチャンスと捉えるのも一つの方法です。

免税店で購入した商品は、機内に持ち込むことが許可されています。

これで、長時間のフライトも快適に過ごせますね。

また、機内サービスの飲み物も、国際線では豪華なラインナップが揃っています。

ワインやシャンパン、ジュースなど、様々な種類のドリンクを楽しむことができます。

飛行時間を快適に過ごすためにも、機内サービスを存分に利用しましょう。

 

JALでの飲み物持ち込みのポイント

JALもANAと同様、国内線と国際線でルールが異なります。

でも、ちょっとした工夫で快適な空の旅が楽しめます。

 

国内線での自由度

JALの国内線でも、飲み物の持ち込みは基本的に自由です。

ただし、アルコールの持ち込みにはルールがあるので、事前に確認が必要です。

国内線でのアルコール持ち込みは、度数によって制限があります。

特に、ウイスキーやブランデーなどの高度なアルコールは、一定量以上の持ち込みが禁止されています。

これは、他の乗客への配慮と、安全確保のためです。

また、飲み物の容器も気をつけましょう。

ガラス製の容器は破損のリスクがあるため、ペットボトルや缶など、安全な容器を選ぶと良いでしょう。

飛行中の揺れや、他の荷物との衝突を考慮すると、これが最も安全です。

さらに、飲み物の種類にも注意が必要です。

特に、アルコールは飲み過ぎに注意し、他の乗客への配慮を忘れずに。

機内でのマナーを守り、快適な空の旅を楽しんでください。

 

国際線と液体の制限

国際線では、液体の持ち込みが厳しく制限されています。

でも、機内でのサービスを利用すれば、お気に入りのドリンクを楽しむことができますよ。

国際線では、セキュリティチェックが特に厳しいです。

100ml以上の液体は、基本的に持ち込むことができません。

これは、過去のテロ事件を防ぐための国際基準です。

しかし、機内で提供される飲み物サービスを利用すれば、フライト中も快適に過ごせます。

ワインやジュース、ソフトドリンクなど、豊富な種類があります。

長時間のフライトも、これで楽しく過ごせますね。

また、免税店で購入した液体も、特例として機内に持ち込むことができます。

これは、セキュリティチェック後に購入するため、安全が確保されているとされています。

お気に入りのドリンクを購入して、快適なフライトを楽しんでください。

 

飛行機 飲み物 持ち込みのマナー?ANAとJALルールを比較!まとめ

飛行機での飲み物持ち込み、意外と知らないルールがあるものです。

国内線と国際線、航空会社によっても違いがあるので、事前にしっかりと確認して、快適な空の旅を楽しんでくださいね。

飛行機の旅は、ちょっとした準備と知識で、もっと快適に、もっと楽しくなります。

次の旅行の際は、この記事を思い出して、飲み物の持ち込みルールをマスターしてくださいね。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます、ほかの記事も読んで下さいね^^

スポンサーリンク
飛行機・ヘリ
スポンサーリンク
シェアする